2015年4月28日 (火)

プログ、毎日はお許しを・・・

 風邪から腸に変調を来たし、約1ヵ月ほど悩む。幸い痛みや熱はなく、仕事に支障なかったのはせめてもの幸いだった。それでも考えたりする根気が弱まったことを自覚、傘寿を超えた自分を改めて認識する。「病院に行っては?」との家人の声を一蹴、もう10年若ければ別だが、この年になれば自分の持つ自然治癒力を信じてみることに肚を決める。その治癒力もかなり衰えつつあることは否めないが、それにも増して最近の医療への不信感はつのる一方だ。この1年、「検査入院→手術→3~6ヵ月後死去」という親しい人との別れが3人も続けば、そんな気になるのは当然だろう・・・

 今朝あたりから食欲も便通もよくなり、どうやら回復に向かっているのを実感しほっとする。「がん」が襲う年頃でもあり「あるいは?」と思うこともあったが、どうやら助かりそうだ。それにしても長い1ヵ月だった。当方から発信する情報をお待ち頂いている方々に、これからも頑張らねばならないと改めて思う。ただ、7年前から続いているこのプログについて、毎日というのが些か荷が重くなってきた。皆さまから頂くコメントにもお返事できないままになり、心苦しい限り。これからも感銘、感動、サプライズを受けた事象や情報を「620字」に託していきたいと思うものの、「毎日云々・・・」は、ややしんどく、どうかお許し願いたい・・・腸に弱点あり、改めて食養生に努めたい・・・

  今日の一句は、「春惜しむ すなわち命 惜しむなり」石塚友二。

2015年4月25日 (土)

「寄りかからないで」

  最近、興味ある報道番組が減りつつあるなか、土曜日放送のBSジャパン「マネーの羅針盤」が出色だと私は思う。蟹瀬誠一・キャスターの軽妙なリードで、経済・金融の難しい問題に視聴者を惹き込んでいく。加えて、田中 宏明・コメンテーターのウォール街情報も非常にわかりやすい。即ち、先週末のNY市場はナスダックが史上最高値を記録したのに、経済指標が概して芳しくない。今や「米国頼み」に陥っている世界経済だが、「そんなに寄りかからないで」というのが米国のホンネらしい。悪化している要因は、「西海岸の港湾スト」「原油安」「異常寒波」「急激なドル高」の4つ。「利上げを9月にも」と言っていたイエレン・米FRB議長がその時期を明言しなくなった・・・

  特に、急激なドル高が輸出企業に深刻な影響を与えているという。この原因は各国の超金融緩和にある。米国も昨秋の「G20」ではそれを容認していたフシがある。それが限界に来たということだろう。唯一の成長エンジンの米国に頼ってきただけに、世界は戦々恐々だ。特に日本やヨーロッパが米国に甘え過ぎているのかもしれない。そんな中、安倍首相が訪米する。TPP、TPAについてどんな決着を図るのか。一筋縄ではいかない米議会のこと、上下院合同議会での演説を含め、どんなメッセージを送るのか、その外交ぶりを世界は注視しているに違いない・・・オバマ大統領、安倍首相をどんな形で歓待するのだろうか!?・・・

  今日の一句は、「雀の子 一人前に ダンシング」柴田真帆。

2015年4月24日 (金)

なぜ強い「鳥取城北高相撲部」

   今日(24日)の毎日新聞、オピニオン欄の鳥取城北高相撲部監督・石浦 外喜義氏のインタビュー記事に感銘。この春場所で教え子4人の関取が全員勝ち越した。監督の長男、十両14枚目「石浦」が9勝6敗と一番危なかったが、白鵬を破った照ノ富士は13勝を挙げ、逸ノ城も勝ち越して三役に返り咲く見込みという。「どんな指導をしているのか?」に対し、石浦監督は言う「私は技術は教えない。礼儀、マナー、私生活の態度を厳しく指導している。謙虚な姿勢を持ち、誰からも尊敬される力士になれということ。また、強いからこそ皆から慕われ、憧れの存在にならないといけない。勘違いさせないためにも、うちの寮では3年生がトイレ掃除をするようにしている」と。やはり「謙虚な姿勢」の重要性を説き、その実践を強く求めているのだろう・・・

 モンゴルからの留学生について、監督は「彼らには家族愛が強くある。ただ『強ければ良い』がありすぎて、調子に乗りやすい傾向も。一方、日本の子はやさしくて謙虚。留学生もその点を懸命に学ぼうとしている。私は相乗効果を感じている」と言い、逸ノ城については「初めて会った時、遊牧民というのがとても魅力的だった。大草原で育ったこの子が日本に来たら、食べ物から何から何までびっくりするだうなと思った。彼が部屋に溶け込んで切磋琢磨できたら、面白いチームができるだろうなぁと思ってスカウトした」と言う。彼らに求めることは「先生が来たから稽古をするというのではなく、自ら努力する、『うそのない稽古』」。彼らを育てた指導者の言やよし。その将来が楽しみだ・・・今、教え子力士が17人。今年4月から鳥取城北高校の校長に就任した石浦氏、名リーダーのますますの健闘を祈りたい・・・

  今日の一句は、「人肌の 光あつまり 遅桜」原 裕。

2015年4月22日 (水)

21世紀センバツ枠の松山東高校と正岡子規。

 今日の毎日新聞「記者の目」に注目する。筆者は松山支局・黒川 優氏。曰く「今年のセンバツに選ばれた『選抜21世紀枠・松山東高校』、82年ぶりに甲子園出場を果たし、1回戦で二松学舎大付属高校(東京)を破って甲子園初勝利を挙げ、二回戦では準優勝校の東海大四(北海道)を苦しめた。松山東高校は旧制松山中学、俳人・正岡子規の母校で文豪・夏目漱石が教壇に立ったことでも知られる」・・・黒川記者の「松山東の礼讃記事」が続く。確かに観ていて爽やか感が随所にあったことは事実。また、応援も質量ともに凄かった。スタンドの一般観衆も精一杯、声援を送ったのであろう・・・

 子規は野球が日本に入ってきた頃の熱心な選手で、ポジションはキャッチャー。1889年(明治22年)、喀血するまでやっていたというから、根から野球好きだったのだろう。「まり投げて 見たき広場や 春の草」という句や「九つの人 九つの場をしめて ベースボールの始まらんとす」との歌も残している。他にも、「バッター」「ランナー」「ホォワボール」「ストレート」「フライボール」などの外来語を、「打者」「走者」「四球」「直球」「飛球」と日本語に訳している。それらのことが評価されて子規は2002年、野球殿堂入りを果たしている。松山中学の先輩として正岡子規は、草葉の蔭から後輩たちに称賛のエールを贈ったに違いない・・・センバツ21世紀枠、これからも懐かしい高校が出てきてほしいと思う・・・

  今日の一句は、「春や昔 十五万石の 城下哉」正岡子規。

 

2015年4月20日 (月)

官邸が大銀行に下した命令!

 今日発売の週刊現代5/2号のスクープ記事「安倍官邸 大銀行に『シャープを助けてやれ!』」に驚く。大企業の破綻情報は別に珍しいものではないが、「シャープはアベノミクスに逆行している。安倍政権を崩壊させる気か!?」と激怒した安倍首相は、最近官邸で口走ったというから穏やかではない。その真偽のほどは不明だが、シャープがもし破綻ともなれば大問題だろう。春闘では大手電機メーカーを中心に軒並み3000円のベースアップ。これによって株価も上がりアベノミクスの成功を謳歌する雰囲気にあっただけに、「シャープ一社のために水を差された」観のある安倍官邸としては切歯扼腕に違いない。「安倍政権下では山一證券や北海道拓殖銀行のような大型倒産は絶対出すな!」という上からの厳命で、経産官僚幹部たちは右往左往しているらしい・・・

 そこでクローズアップしてきたのが東京三菱UFJとみずほのメインバンクだ。いま、財務省、金融庁を中心にいろんな策を練っているらしいが、妙案が見つかるかどうか。安倍官邸の意を受けた経産省は、ありとあらゆる方策を駆使し「禁じ手」をも連発してシャープを救おうと躍起となっている。アベノミクス、安倍政権そのものの浮沈が、シャープの行く末にかかっているから蓋し当然だろう。しかし、「死に体」の企業を国策で無理やり生き永らえさせれば、それこそモラルハザードを生じかねない。ある三洋電機の元社員は言う「今のシャープはパナソニックに吸収される直前の三洋にそっくりだ」と。そのソフトラッディングはかなり難しく、タイムリミットが刻々と迫っていると「週刊現代」は報じている・・・そんなにヤバかったとは!?・・・

  今日の一句は、「水を出て 家鴨寄り添う 暮春かな」安住 敦。

 

{

2015年4月17日 (金)

愛川欣也、逝く。

  「愛川 欣也」、突然の死に驚く。同じ「国民学校1年生」体験者として、彼に共感、共鳴を覚える出演作品が多く、よく視たのが報道番組。その最たるものは1999年~2012年3月まで続いた朝日ニュースターの報道番組「パックインジャーナル」。まさに愛川氏のワンマン番組だった。疎開児童として飢餓時代を過ごした少年時代の苦痛が、思想的に暗い陰を残していたのは事実。、それが彼の考え方を反戦・平和→反権力→リベラルに変えていったのかもしれない。「マルチタレント」の彼に、そんな一面があったとは知る人は非常に少ないだろう・・・

 もう1つ、彼との共通点は「小沢一郎」の”隠れファン”ということもある。総スカンという雰囲気の中で「小沢」を彼は必死で弁護していた姿を今でも鮮明に覚えている。私も同様に「小沢が好き」という理由で仲間から袋叩きに何回も遭っただけに、その悔しさがよくわかる。日本人特有のいじめだろう。マスメディアに完全に殺された彼は、再起はもはやない。しかし、「盗人にも三分の理」というのがあり、彼ならではの「良さ」もいくつかある。でも、言わない。言ってもせんないことで、いずれわかる時がくると思っている。「菅原 文太」に続いて「愛川欣也」が逝き、「隠れ小沢ファン」が、また一人減った。合掌・・・

  今日の一句は、「春老けて 諸鳥啼くや 雲の上」前田普羅。

2015年4月16日 (木)

会員制情報誌「選択」創刊40周年記念を祝う

 高校時代から大好きだった「評論家・伊藤 肇氏」が立ち上げた「三万人の会員制情報誌」だけに、私は「創刊号からの熱心な愛読者」であることを自負している。伊藤さんは、陽明学・安岡正篤の弟子として「帝王学」を世に広めた人でもあり、特に経営者層にファンが多かった。1980年、56歳の若さで亡くなったことが惜しまれてならない。伊藤さんの言葉として、今でも強烈に残っているのは、帝王学3つの柱である。曰く「1)原理原則を教えてくれる師を持つこと。2)直言してくれる側近を持つこと。3)よき幕賓(ばくひん)を持つこと」。ビジネスマン時代、この言葉を金科玉条のごとく座右に置き、守るべく励んだことを思い出す・・・

 雑誌「選択」は、その後、飯塚 昭男、湯浅 正巳、そして現在の湯浅 次郎氏へと引き継がれたが、「何者にも恐れず、果敢にタブーに挑戦するメディアが存在することは、、私たちに希望をもたらす」(ジャーナリスト・池上 彰氏)や「情報が氾濫している中で『選択』には、必ず新しい情報、そして斬新な切り口の情報が掲載されている」(ジャーナリスト・田原 総一朗氏)など多くの人から高く評価されている。ご用雑誌が増えつつある現在、どうか硬派を貫いていってほしいと思う。その象徴的なのが「巻頭インタービュー」だ。最新号「日米同盟『形骸化』は止まらない」が大きな反響を呼んでいる。安倍首相の訪米について、ダグラス・パール氏(カーネギー国際平和財団副所長)は「米国メディアはなんらニュース価値を見出せないだろう」と手厳しい。今後の健闘を祈りたい・・・名文家(ほとんどが無署名記事)が多く、読みやすいのがありがたい・・・

  今日の一句は、「五十年 待ちたれば亀 鳴きにけり」藤田湘子。

2015年4月13日 (月)

”古賀の乱”と報道ステーション

 今日の毎日新聞夕刊の特集ワイド「『報道ステーション降板は官邸バッシング』発言」と、10日発売の文藝春秋5月号・深層レポート「『報ステ』の最後」(ジャーナリスト・上杉 隆)を続けて読み、或る感慨がこみ上げてくる。「今日のテレビ番組予約欄」の筆頭に、いつもランクするほど「報道ステーション」が大好きだったからである。しかし、これまで「勇気ある発言をするな」思っていた古館キャスターが、2つの記事のごとく、”古賀の乱”の裏でいろいろ自己保身のために画策していたとなれば、幻滅を感じるのは当然だろう。知らずに済めばよかったものを、わざわざ”舞台裏”を見せつけられた者の不幸と言わざるを得ない・・・

 過去、時の政権がマスメディアへ目くじら立てることはあまりなかった。「よくこんなことを言われて黙っているな」と政権への同情心すら湧いたぐらいだ。その点、安倍首相はかなり神経質らしい。今度の古賀氏の問題発言場面も、視聴者にすれば何が何だか分からない一瞬の出来事だった。騒ぎが大きくなってから真相がだんだんわかってきたが、その中で最も驚いたのは古館氏の出演料だ。12億5千万円という。いくらテレビ・メディアの時代とは言え、「栄華」そのものではないか。バックに早河・テレ朝会長がいる限り、このギャラは続き、降板もないだろうとのこと。さて、今夜の「古館・報ステ」、どんな番組になるか?・・・真の「ジャーナリズム」の復活こそ待たれる!・・・

  今日の一句は、「永き日や つばたれ下がる 古帽子」永井荷風。

2015年4月12日 (日)

「スマホやめるか、信大生やめるか」

  「スマホやめますか、それとも信大生をやめますか」。学長が4日大学入学式にの挨拶に新入生に問いかけたことがたいへんな話題になっている。発信した主は信州大・山沢清人学長(70歳)である。「(スマホの)スイッチを切って本を読み、友達と話し、自分で考えることを習慣づけよう」と訴えたわけである。学生からは賛否両論があったという。「何を時代差錯誤なことを!」一蹴されなかったことが何よりも嬉しい。「スマホべったり」という最近の若者の傾向には辟易している者として、山沢学長の言葉に共鳴する。先日、車中で前に立った老人を無視、独りでスマホに夢中になっている若者を目撃したが、心底腹が立った。さりとてひと昔前の老人のように、若者に注意する勇気もなく、ただ嘆かわしい思いだけがつのる・・・

  ある脳学者は「記憶が詳細なほど、その瞬間が長く感じられる。しかし、周りの世界が見慣れたものになってくると、脳が取り込む情報量が少なくて済み、時間が速く過ぎ去っていくように感じられる」と言っている。これは、子供の時は時間の経つのが遅く、高齢になればなるほど速く感じられるという理屈と一緒だそうな。スマホ依存症は知性、個性、独創性にとって毒以外の何物でもない、脳の退化を招くという。「スマホのスイッチを切って、本を読もう。友達と話をしよう。自分で考えることを習慣づけよう。自分の持つ知識を総動員して、ものごとを根本から考え、全力で行動することが、独創性豊かな大学生を育てる」という信州大学・山沢学長の言葉は、IT時代における「珠玉の知恵」とはいえないか・・・新しい文明の利器が人間の頭脳を退化させるとなれば一大事!・・・

  今日の一句は、「菜の花の どこに咲いても さびしからず」飯塚柚花。

«3月の風と4月の雨は美しい5月をつくる