« GM、破たんの公算大! | トップページ | 中国の出方にかかっている »

2009年5月26日 (火)

北朝鮮の「2度目の核実験」

 北朝鮮の2度目の核実験、世界の顰蹙を買っている。今回も安保理で厳しい制裁が課せられるだろう。ところが、北朝鮮は「経済制裁」などあまり意に介してない様子。むしろ、これで米国と同じテーブルにつけると思っているのではないか。いったん核を持ってしまえばどうにもならない。これがNPT(核不拡散条約)体制の悩ましいところだ。加えて、反対している中国、ロシアの真剣度もどこまであるのか・・・

 拉致問題を抱えるわが国はどうすべきか。国連安保理に効果ある制裁を求める以外にない。具体的な罰則規定がなく、核を持ってしまえば軍事攻撃もできない。北朝鮮が無視すればどうにもならないのだ。ある評論家は、「北は米国、中国、ロシアと4者協議」を求めるつもりではないか」という。つまり、日本と韓国抜きにという発想だ。そして、日本には「拉致抜きでの交渉を求めるのではないか」とも・・・麻生政権の外交戦略力が問われる!

 5月26日、今日の誕生日の花は、キンギョソウ。花言葉は、清純な心。  今日の一句は、「緋の色の 尾ひれをひろげ 金魚草」岬雪夫。

 明日の記念日は、百人一首の日。日本海海戦の日。

« GM、破たんの公算大! | トップページ | 中国の出方にかかっている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の「2度目の核実験」:

« GM、破たんの公算大! | トップページ | 中国の出方にかかっている »