« 鳩山総務相、突然の辞任! | トップページ | 新聞休刊日に思うこと »

2009年6月14日 (日)

イラン大統領選の結果がもたらすもの・・・

 イラン大統領選は、案の定、「選挙不正」がくすぶるなか、現大統領が圧倒的な差で再選を決めた。そして、対米強硬外交について、「一㍉たりとも譲歩しない!」と言いきった。これで核開発を進めることは間違いなく、イスラエルもまた、今まで以上に硬化、イランの核開発拠点を爆撃するという観測も出てきている・・・その面では、中東危機は避けられないだろう。

 他方、この4年間で3度にわたる国連の経済制裁を受けた結果、イラン経済は極端に疲弊、国内には不穏な空気が拡がる怖れがある。そのため、対米関係の転換も余儀なくされる可能性はある・・・イランの動きには、しばらく目が離せない。

 6月14日、今日の誕生日の花は、センダン。花言葉は、意見の相違。  今日の一句は、「花棟(はなおうち) うすむらさきの 朝(あした)かな」伊藤相翆。

 明日の記念日は、暑中見舞いの日。信用金庫の日。

« 鳩山総務相、突然の辞任! | トップページ | 新聞休刊日に思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラン大統領選の結果がもたらすもの・・・:

« 鳩山総務相、突然の辞任! | トップページ | 新聞休刊日に思うこと »