« 野村監督の涙 | トップページ | 見応えあった「日本オープン」 »

2009年10月18日 (日)

プログ談議

 「日本に蔓延する悲観論を撃破しよう」という講演テープを聴いていて、こんな話があった。いわく「米国のある機関が最近、調査した指標によれば、日本人が世界で一番、革新性が高いと認定したという。日本人は他と比べて、新しいものに投資するのが好きということ。例えば、インターネットの「ブログ」。いったい世界で投稿されている中で何語が多いか? 驚くべきことに日本語が一番で、英語ではなかった。いかに、今、日本がブログブームの渦中にあるかということ・・・

 私の場合、ブログを毎日書いて1年半経つが、やはりたいへんだ。いいテーマがみつかった時に書くのがベストなのだろうが、生来の鈍(なまくら)性が頭をもたげ、頓挫する恐れは十分あるので、ムリしてでも生活習慣の中に組み込ませている。本来のブログとは、いささか違うが・・・。それにしても拙文を読んで頂いている方は、1日平均30名ほど、ありがたいと思う。

 新型インフルミニ情報・・・●厚労省の専門家会議で、ワクチンの2回接種が1回に変更されたことで、自治体や医療機関に混乱が生じている。(18日、産経)

 今日の誕生日の花は、ホトトギス。花言葉は、永遠にあなたのもの。 今日の一句は、「夜をこめて 咲きてむらさき 時鳥草(ほととぎす)」後藤比奈夫。

 明日の記念日は、海外旅行の日。孫の日。

 

« 野村監督の涙 | トップページ | 見応えあった「日本オープン」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログ談議:

« 野村監督の涙 | トップページ | 見応えあった「日本オープン」 »