« カーティス教授の提言 | トップページ | 恋の万葉歌・・・ »

2009年11月23日 (月)

映画「2012」

 宇野正美講演を聴く。その中で紹介された映画「2012」の話に驚く。宇野氏が以前から言っていた「2012年12月23日に地球が太陽から出るフォトンベルト(強い電磁波帯)に入り、北半球が氷河期に入るという、ハーレー(彗星を発見した人)の説」が、映画になって21日から上映されているという。それは、ずばり「2012」という映画。ここでは「2012年12月21日」となっている。科学的には荒唐無稽という説が多いのは事実だが、映画にまでなるというのは何とも穏やかでない。

 監督のローランド・エメリッヒは04年に映画「ディァアフタートゥモロー」を発表した人で、ユダヤ人という。やはり旧約聖書にあるマヤ文明の予言「終末論」を信じているのだろうか。それにしても、昨今の異常気象をみるにつけ、何か地球に大きな異変が起きるのではないかと、いささか気になるところ・・・2012年と言えば、あと3年・・・映画を一度観ておく必要がありそうだ。2010年は世界が未曾有の経済危機になるとも言われ、何か切羽詰まった気分にさせられる年末ではある。

 今日の誕生日の花は、ピラカンサ。花言葉は、慈悲。  今日の一句は、「わが歩む 落葉のの音の あるばかり」杉田久女。

 明日の記念日は、オペラ記念日。鰹節の日。

« カーティス教授の提言 | トップページ | 恋の万葉歌・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「2012」:

» 映画「2012」(監督:ローランド・エメリッヒ) [飾釦]
■公開:2009年 ■監督:ローランド・エメリッヒ ■主演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、他 先日ボクが以前勤めていた会社のOB会がありました。いまから10年以上も前にお世話になったCGの制作会社なんですが、その会社の仕事を大スクリーンに上映して回顧するという企画がありました。見ていて司会を担当していたデジタルコンテンツの教育業界では象徴的なS先生のコメントにもあったのですが、やっていたことが早すぎたんだなあと久しぶりに見たCG映像を見て思いました。ヴァーチャル... [続きを読む]

« カーティス教授の提言 | トップページ | 恋の万葉歌・・・ »