« 中国の歪み | トップページ | 中東情報 »

2009年12月 2日 (水)

製作費48%カットの民放

  テレビに関係しているK氏の話を聞いて驚いた。いわく「8月末日を以て民放はいっせいに製作費を48%カットしている。番組の質が落ちるのは当たり前。ワイドショウなどはその典型で、現地へ行かずに古い画像を送り続けている」という。さらに「カネがなかったら昔のように3~6時まで放映をやめるべし。しかし、それをしないでダラダラやっている。このままいけば、すべての民放は『デジタル』を待たずして降参状態になるのではないか」・・・

 すべての分野で未曾有の危機に遭遇している今、「明日はきっとよくなるだろう」という認識は危うい。情報操作によって一国の政権をも潰す「権力」を持ち、栄華を誇ったメディアも、CM激減という現実を前にして、経営の大きな転換点に立っている。それを認識している経営者はどれだけいるのだろうか。K氏の話は、あながち暴論とは思えない。

 今日の誕生日の花は、ぺ二マンサク。花言葉は、早熟。  今日の一句は、「顔見せの 京に入り日の あかあかと」久保田万太郎。

 明日の記念日は、奇術の日。カレンダーの日。

« 中国の歪み | トップページ | 中東情報 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 製作費48%カットの民放:

« 中国の歪み | トップページ | 中東情報 »