« トヨタ・リコール問題 | トップページ | 米中緊迫か? »

2010年2月 1日 (月)

映画「母べえ」を観て・・・

  山田洋二監督の映画「母べえ」をテレビで観た。2度目である。山田作品については、すべて観ており、2度、3度観ている作品も少なくない。今回は特に魅力的な吉永小百合である。思わず観入ってしまう。映画の時代背景はわが少年時代のことでもあり、今ではめったに聞けない「小学唱歌」が懐かしかった。ところが今回、1つだけ引っかかった場面があった。それは「父べえ」が、支那事変を著書に聖戦と書かず「戦争」と書き、それが治安維持法違反で特高につかまりるのである。担当検事は偶然、大学の教え子、だが、取り調べは厳しく、容赦はない・・・

 他方、1月29日の「朝まで生テレビ」のテーマは「検察VS小沢」。この日、出演したメンバーの中に共産党議員がいた。かれが検察の肩をもつ発言を繰り返すのである。「小沢は悪で検察は正義」と思っての発言なのだろうが、戦時中、「アカは非国民」として特高(特別警察)に徹底的にやられたはずの共産党・・・当時を知る者として不思議でならない。時間の経過によって共産党はすっかり風化してしまったのだろうか?・・・

 今日の誕生日の花は、バナナ。花言葉は、初々しい。  今日の一句は、「菜の花の 暮れてなほある 水明り」長谷川素逝。

 明日の記念日は、国際航空業務再開の日。夫婦感謝の日。

« トヨタ・リコール問題 | トップページ | 米中緊迫か? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「母べえ」を観て・・・:

» 関東 高収入 アルバイト 女性 求人 東京バイト・東京アルバイト東京・横浜・埼玉 [関東 高収入 アルバイト 女性 求人 東京バイト・東京アルバイト東京・横浜・埼玉]
関東 高収入 アルバイト 女性 求人 東京バイト・東京アルバイト東京・横浜・埼玉 [続きを読む]

« トヨタ・リコール問題 | トップページ | 米中緊迫か? »