« 中国の「銀行不正融資問題」 | トップページ | 株価続落、円急騰! »

2010年5月20日 (木)

ゲゲゲの女房

 もう何年も観続けているNHK朝の連ドラ、今回の「ゲゲゲの女房」にも、きっちりはまっている。面白くて楽しいのだ。この物語は、漫画家・水木しげるの妻の目を通して見た、夫婦の長い道のりの物語である。二人が結婚したのが昭和36年というから、私が結婚した2年あとだ。モノもカネもない時代、貧乏と闘いながら、たいへん苦しい新婚生活を送る。同じような体験を持つものとして、胸に迫るものがあると同時に、とても懐かしいものを覚える・・・

 このドラマの中で一番印象的なのは大杉 漣演じる父親・飯田源兵衛である。明治生まれの「頑固親父(おやじ)」、その典型的な人物像をみごとに演じている。強烈なポリシーの中にも、ほのぼのとしたやさしさ、温かさがあり、そして父と娘の心の交流のなかで醸し出される、こまやかな愛情が胸を打つ。いよいよ「水木しげる」が世に出ようとする今朝のシーン、これから物語は佳境に入っていく・・・

 今日の誕生日の花は、シラネアオイ。花言葉は、優美。  今日の一句は、「白根葵 咲けりといふよ 山彦も」水原秋桜子。

 明日の記念日は、小満。小学校開校記念日。

 

« 中国の「銀行不正融資問題」 | トップページ | 株価続落、円急騰! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲの女房:

« 中国の「銀行不正融資問題」 | トップページ | 株価続落、円急騰! »