« ガチンコ勝負!? | トップページ | 「霞が関」をぶっ壊す! »

2010年8月27日 (金)

飛田新地の幽玄

  今日の記念日は、「男はつらいよ」の日。まるで憑かれたように観た寅さん映画の「48本」、その後、テレビでの再放映を加えると、数えきれない本数だ。「また観ている。あほみたいに・・・」と家人から揶揄されるのを尻に聞かせて、いまも飽かずに観ている。その中で一番好きなのは、「第27作・浪花の恋の物語」である。松坂慶子、芦屋雁之助、笑福亭松鶴が登場し、大阪独特のユーモアとペーソスで愉しませてくれる。中でも印象的なのが通天閣を仰ぎ見る飛田新地の安宿での渥美 清と松鶴のからみ・・・

 その飛田がWSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)誌で、世界に紹介されている。タイトルは「飛田新地の幽玄」。1900年遊郭としてスタートした飛田新地の歴史は古い。1958年、売春防止法の施行で遊郭が”料亭”に姿を変えたが、風俗街には変わりはない。ところが、2000年、この地域の一部は、風俗街としてではなく、歴史的建物によって認知されるようになった。この地域の最も古い建物である料亭「鯛よし百番」が、国の登録有形文化財に認定され、賑わっているという・・・飛田新地の100年、「幽玄の街」を一度、機会をつくってぶらつかれては如何?

 今日の誕生日の花は、ユウガオ。花言葉は、魅惑の人。  今日の一句は、「夕顔の 音のしさうな 蕾かな」星野 椿。

 明日の記念日は、バイオリンの日。天気予報士の日。 

« ガチンコ勝負!? | トップページ | 「霞が関」をぶっ壊す! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛田新地の幽玄:

« ガチンコ勝負!? | トップページ | 「霞が関」をぶっ壊す! »