« 早くも梅雨入り! | トップページ | 今秋、地球に接近する「エレニン彗星」 »

2011年5月28日 (土)

5月の「朝まで生テレビ」より

 今朝の「朝まで生テレビ」、先月に続いての日本の原発問題だったが、今回も聴きごたえがあった。福島原発事故がまだ収束されていない段階でもあり、議論は甲論乙駁、まさに迷走状態だったが、ただ1つ、全員の意見がまったく一致したことがあった。それは、「福島第一原発の現場リーダーである吉田昌郎東電所長を更迭させるな!」だった。メルトダウンを起こす原因になった「海水注入、55分間のストップ問題」その責任を詮索しているなかで、吉田所長が密かに注入していたことが発覚、「命令違反、更迭すべし」という東電副社長発言に、出席者全員が反対を表明したわけである・・・

 この吉田所長の「豪快さ」を最初にメディアに紹介したのは、関西テレビ「アンカー」のコメンテーター青山繁晴氏(㈱独立総研・社長)である。5月9日、まだ誰も入れない事故現場に初めてカメラを入れ、1時間半にわたる「所長インタビュー」を敢行、それをテレビで放映して驚かせたことは記憶に新しい。結局、事故の現状を的確に把握できるのは現場しかない。東京とのテレビ電話では、判断はボケる。したがって、究極の危機に直面した場合、組織を救うのは現場リーダーの決断だ。これの正しいことは、歴史の教えるところでもある。言われ続けてきた「この大ピンチに『東郷平八郎』がいない、それが悲劇」。その人物が見つかったことは何よりではないか・・・

 今日の誕生日の花は、アマリリス。花言葉は、誇り。おしゃべり。  今日の一句は、「ととととととととととと脈アマリリス」中岡毅雄。

  今日の記念日は、ゴルフ記念日。

 

« 早くも梅雨入り! | トップページ | 今秋、地球に接近する「エレニン彗星」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月の「朝まで生テレビ」より:

« 早くも梅雨入り! | トップページ | 今秋、地球に接近する「エレニン彗星」 »