« 竹内日祥上人の「新春経営講演」を聴く | トップページ | 日本国債バブル崩壊危機?! »

2012年1月29日 (日)

さらば「愛川欽也のパックインジャーナル」

 わが愛する週末・報道番組の1つである「愛川欽也のパックインJ」が3月で打ち切りという。昨日の放送では口を濁している感じの愛川氏、胸の内はさぞ無念さでいっぱいだろう。いくつかのサイトで散見されるのは、何でも、朝日新聞社の経営上の問題から身売りされるのだという。1998年からスタート、昨年暮れ700回記念のイベントがあったばかり、愛川氏と同い年という誼に加えて、反権力、反原発をエネルギーとした地上波にないユニークさと迫力に惹かれたこともある。これで土曜日の11時~13時まで、新聞の切り抜きをしながら視聴するという、いわばわが至福の時間が1つ潰え去った・・・

 他方、最近のマスメディア全般に言えるのは、報道番組が「老朽化」してきたことだ。その理由は2つ。1つは、雑誌編集者もこぼしているという「何をやっていいかわからない」時代に、番組を制作するプロデューサーやディレクターがサラリーマン化して、瑞々しいしかも大胆な発想が枯渇していること。あと1つは出演する司会者やコメンテーターがロートル化して、切れ味の鋭い人材が乏しくなっていることだ。愛川氏もそうだが、田原、三宅、岩見、みのもんた・・・枚挙にいとまがない。もうそろそろ交替の時期に来ているのではないか。番組編成替えが行われるこの3月、せいぜい斬新なものを期待したい・・・

 今日の誕生日の花は、コブシ。花言葉は、友情。友愛。 今日の一句は、「日脚伸ぶ わたしが折れて 仲なおり」山田 弘子。

 今日の記念日は、タウン情報の日。南極の日。

« 竹内日祥上人の「新春経営講演」を聴く | トップページ | 日本国債バブル崩壊危機?! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらば「愛川欽也のパックインジャーナル」:

« 竹内日祥上人の「新春経営講演」を聴く | トップページ | 日本国債バブル崩壊危機?! »