« 消費税増税の「国会論議」 | トップページ | エコノミスト・山口義行教授への期待 »

2012年2月12日 (日)

「朝日ニュースター」が消える・・・

  あと7回で終わる「TV・朝日ニュースター、愛川欽也のパックインJ」その理由が「身売りされる」という話だけに、心なしか湿っぽい雰囲気で番組は進む・・・「『止めないでほしい』という手紙、メール、ファックスが毎日、百数十通も来ている」と慨嘆する愛川氏、勢い余って「570万所帯が視ているこの番組、誰か買う人ありませんか?」とつぶやく始末・・・何でも「番組責任者と4回話合ったが、明確な答えはなし。どうもこの『朝日ニュースター』というTV会社が『テレビ朝日』に買収されるらしい。あと『1時間程度の録画でどうか』という話があったが断った」という。2時間をナマでやっているから意外な話が出て面白い・・・

 この日、最後のテーマとなった山田厚史コメンテーター(AERA編集委員)・「TPP問題」の解説に注目する。記者として体験した日米自動車摩擦で米国の横暴ぶりに辟易したという。即ち、日本にだけ売れ行きが鈍い米国車・・・日本には何か閉鎖的な商業慣行があるに違いないとなり、結局、米国への輸出を168万台に制限することを約束させられる。だから、日本は生産(雇用も)を米国へシフトせざるを得なくなる。今回のTPP交渉も米国を甘く見てはいけない。自動車、保険、農業の後ろには企業や業界がついており、ロビー活動を通じて、日本に「市場を開けろ」と必ず言ってくる。逆に日本には表向きの規制はせず、「お前の国から入れないようにしろ」となる可能性が大。自由貿易精神を標榜している米国としては・・・TPP問題、いよいよ事前協議に入るが、日本の交渉力は大丈夫か?

 今日の誕生日の花は、アマリリス。花言葉は、素晴らしく美しい。 今日の一句は、「母は母 娘(こ)は娘の バレンタインの日」山田 弘子。

 今日の記念日は、ボブスレーの日。

« 消費税増税の「国会論議」 | トップページ | エコノミスト・山口義行教授への期待 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「朝日ニュースター」が消える・・・:

« 消費税増税の「国会論議」 | トップページ | エコノミスト・山口義行教授への期待 »