« 映画「本日休診」を観る | トップページ | 映画「はやぶさ・・・遥かなる帰還」を観る・・・ »

2012年2月15日 (水)

「インフレターゲットの導入」に踏み切った日銀

 今朝の各紙一面トップを飾ったのは「日銀が前年比物価上昇率1%のインフレ目標を導入した」だった。「小規模で、遅すぎる!」が多くの経済人の実感ではないか。20年も続いているこのデフレ、「早く手を打つべし」の大合唱の中で、日銀がやっと動いたという感じだ。FRB・バーナンキ議長の「米国のインフレ・ターゲットを2%にする!」が効いたことも確か。同時に発表したのは「資産(国債など)買い入れ基金を10兆円増やし、65兆円とする」。その結果、日銀による国債買い入れ額は年間40兆円規模に膨らむ。「インフレは悪、デフレ良し」の日銀としては、一つの決断だろうが、この程度でデフレが止まるわけはない。国債発行のスキームを維持していくことが怪しくなってきたのかもしれない・・・

 情報サイト「岩崎博充の『経済ニュース』」は伝える・・・日本国債の発行について、日銀にも危機感はあった。もし、国債発行が未達となり、その状況が続くようになれば、取り返しのつかないことになるからだ。日本国債問題は、それだけ緊迫している状況と言える。日銀のこの政策が失敗して、インフレだけが加速するとなれば、急速に円安に進み、長期金利も上昇する。株式は上がるかもしれないが、円安傾向が強まり、インフレ懸念が現実のものとなる・・・不況下のインフレ、すなわち日本経済が最悪の「スタグフレーション」に陥るだけに、しっかり見守る必要がある・・・

 今日の誕生日の花は、スイートピー(白)。花言葉は、デリケートな喜び。 今日の一句は、「地球にも 河馬にもくぼみ 冴え返る」中林 明美。

 今日の記念日は、春一番名付けの日。

« 映画「本日休診」を観る | トップページ | 映画「はやぶさ・・・遥かなる帰還」を観る・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「インフレターゲットの導入」に踏み切った日銀:

« 映画「本日休診」を観る | トップページ | 映画「はやぶさ・・・遥かなる帰還」を観る・・・ »