« 最北から甲子園初出場の遠軽高校へ! | トップページ | アベノミクス効果・・・ »

2013年1月31日 (木)

映画「東京家族」を観る

 「山田洋次・監督50周年記念作品」と銘打った松竹映画「東京家族」を観る。文句なしに良かった。「寅さん映画」をはじめ山田監督作品をすべて観ているが、この映画は特に感動した。それは自分たち世代にとって、あまりにも身近かな出来事、つまり、死期を目前に控えた老夫婦にとって、「家族とは何か」を問うもので、まさに今の時代が抱える問題点を抉る物語でもあったからだ。その点、小津映画の「東京物語」、そのどことなくほんわかしたものとは違う何かがこの映画にはある。家族崩壊した「現代」に生きる人間の切実な思いが、観る者の心を揺さぶる。特に吉行 和子の名演技が光る・・・

 平山周吉と同郷の友人沼田三平との「飲み屋」での絡みが身につまされて面白い。橋爪 功と小林稔持、それに風吹ジュンが沼田の行きつけである飲み屋のおかみ「かよ役」で加わる。いずれも芸達者な連中だ。禁酒していることを理由に酒を拒み続ける周吉に、沼田はムリヤリ呑ます。そして、同居している息子夫婦のことを愚痴り出す沼田に、今度は周吉がムリに呑まそうとする。悪酔いして荒れる二人を「かよ」は半泣きになってとりもつ・・・久しく離れている飲み屋での風景、3人の迫真の演技がそれを懐かしく思い出させてくれる映画でもあった・・・

 今日の誕生日の花は、シロタエギク。花言葉は、あなたを支える。 今日の一句は、「もの問えば 寒釣きげん わるかりし」阿波野青畝。

 今日の記念日は、シューベルト誕生日。

« 最北から甲子園初出場の遠軽高校へ! | トップページ | アベノミクス効果・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「東京家族」を観る:

« 最北から甲子園初出場の遠軽高校へ! | トップページ | アベノミクス効果・・・ »