« 5月の藤原宮跡で | トップページ | 20年前、千載一遇の好機を逸した「北方領土問題」 »

2013年5月 5日 (日)

韓国ドラマ「トンイ」

 NHKから放映されている韓国ドラマにハマっている。ある飲み会で韓国ドラマの話になった時、「観る気がしない」とぼろくそに言う私を、韓国ドラマファンのF君が、「一度観てから批判しろ」と睨む。「それもそうだ」と思って観たのが昨年放映の「イ・サン」。ストーリーは平凡だが、時代劇でもあって演技もなかなか重厚で、かつダイナミックだ。それよりなにより俳優が新鮮で、特に女優が実に魅力的だ。今、観ている「トンイ(同伊)」、主演女優のハン・ヒョジュは、初々しさがあってその美貌は絶品。今回は16話で外題は「嫉妬」。60話からなるストーリーで、韓国では視聴率30%を超えたというからすごい。これからが楽しみだ・・・

 第13話に、折角、女官になったトンイが、定期試験を受けるシーンがある。これに失敗すると官邸を去らねばならない。試験は「論語」や「中庸」からワンフレーズを抽出、その意味を口頭で答えなければならない。最初、意地悪されて試験勉強の時間がなく失敗、官邸を去るハメになるが抗議が認められて、再挑戦し無事合格する。その時、勉強を応援するのが、まだ身分を明かす前の粛王であり、「問題は中庸から出る?」とのヒントを彼女に与える・・・この時代、「朝鮮」は政治、経済、文化も「清」の属国的な立場にあった。したがって、朝鮮国の官邸では論語や中庸の思想が徹底していたことが窺われる・・・この儒教の精神、韓国は今、日本より強いのかもしれない・・・

 今日の誕生日の花は、オジギソウ。花言葉は、敏感。 今日の一句は、「子供の日 小さくなりし 靴いくつ」林 翔。

 今日の記念日は、こどもの日。

 

 

 

« 5月の藤原宮跡で | トップページ | 20年前、千載一遇の好機を逸した「北方領土問題」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「トンイ」:

« 5月の藤原宮跡で | トップページ | 20年前、千載一遇の好機を逸した「北方領土問題」 »