« ウクライナ危機 | トップページ | 「脳より賢い腸に従え」 »

2014年3月 5日 (水)

映画の祭典、米・アカデミー賞決まる!

 映画最大の祭典、第86回、米アカデミー賞の各賞が決まった。日本の「風立ちぬ」(宮崎 駿監督作品)が落選したのは残念。作品賞はスティーブ・マックィーン監督の「それでも夜が明ける」だった。映画評論家・垣井道弘氏は「家畜のように所有物として売買され、ロープで木に吊るされたり、鞭で打たれたシーンがリアルで生々しく、まるで自分が奴隷にされたような気分になる。黒人奴隷が出てくる映画は珍しくないが、その衝撃度が突出している」と解説する。この映画に加えて「ゼロ・グラビティ」「アメリカン・ハッスル」が3つどもえの戦いを演じたが、僅差の受賞となった。昨年7月、1927年の米アカデミー協会創立以来、初の黒人女性会長として就任した「シェリル・ブーン・アイザックス」の影響が少なくなかったようだ・・・

 注目の主演男優賞は「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒーに輝いた。ゲイを差別し、エイズ対策が大幅に遅れた政府に立ち向かった男の怒りをマコノヒーが演じきったわけだが、エイズ患者になりきるため21㌔も減量したという。わが注目の「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のレオナルド・ディカブリオは、敢えなく落選。たいへんな熱演だったが、空回り気味なところもあり、内容も多分に「?」だったので、やむを得ないか。昔からコメディに冷たく、偉人伝や歴史大作を好む傾向があるアカデミー賞、コメディ作品と見なされたところがつらい・・・1998年作品賞の「タイタニック」がいまでも強く脳裡に・・・

 今日の誕生日の花は、クンシラン。花言葉は、貴い。 今日の一句は、「子を愛ずる 言葉ひたすら 水温む」中村汀女。

 今日の日は、珊瑚の日。

« ウクライナ危機 | トップページ | 「脳より賢い腸に従え」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画の祭典、米・アカデミー賞決まる!:

« ウクライナ危機 | トップページ | 「脳より賢い腸に従え」 »