« 韓国の問題点・・・年功重視の弊害 | トップページ | 人手不足、日本列島を襲う! »

2014年5月 4日 (日)

テレビ「時事放談」

 毎日曜日、欠かさず視ているのが「テレビ(TBS系)・時事放談」である。1957年、小汀利得(日経新聞出身)×細川隆元朝日新聞出身)の対談形式で始まったこの番組、「政治を叱る」をテーマに57年間も続いていることになるが、文句なしに面白い。2004年4月に岩見隆夫氏(毎日新聞)が司会役を担当、2007年からは御厨 貴氏(東大教授)に代わり現在に至る。対談のメンバーはその都度変わるが、これまで最も多かったのは野中 広務氏の106回、次いで渡部 恒雄氏の80回、塩川 正十郎氏の71回と続く。野中 広務氏の「天敵」、小沢一郎氏はゼロというのが面白い・・・

 ところで今朝の「時事放談」は、増田 寛也氏(元岩手県知事→総務大臣)と片山 善博氏(鳥取県知事→総務大臣)という珍しい組み合わせ。もちろん初めての”競演”である。同じ総務大臣でも、前者は自民党政権、後者は民主党政権、さすが官僚出身だけあって、発言にソツはないが、ニュアンスが微妙に違う点、興味深い。安倍首相の「ロンドンでの原発再稼働発言」に対し、「事故が起きたらどうするのか?!」との片山氏に対し、増田氏は「専門家による安全性の確保さえあれば・・・」と言う。安倍政権にひとこと・・・片山氏は「政権批判を嫌う傾向がある。それを避けてはいけない」。増田氏は「いま対抗勢力がない。図に乗ってはダメ!」・・・事実、メディアへの監視の目が強まっている?!・・・

 今日の誕生日の花は、ヤマブキ。花言葉は、崇高。待ち焦がれる。 今日の一句は、「山吹に 照る月更けて 月ばかり」水原秋桜子。

 今日の日は、みどりの日。

« 韓国の問題点・・・年功重視の弊害 | トップページ | 人手不足、日本列島を襲う! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビ「時事放談」:

« 韓国の問題点・・・年功重視の弊害 | トップページ | 人手不足、日本列島を襲う! »