« 「日中関係」変化への予感 | トップページ | 為替・株式先物市場に「莫大な資金」が! »

2014年9月 2日 (火)

「輸入食品に安全を期待するな!」

  会員制雑誌「選択(9月号)」の巻頭インタビュー「輸入食品に安全を期待するな」に注目する。語り手は高橋五郎・愛知大学国際中国学研究センター所長。いわく・・・安全性の問題は中国からの輸入食品だけとは限らない。極論すれば日本国内で生産、加工している場合でも同じことが起きるだろう。食品の正体が一般人には分からないものになっている。また、加工している人でさえ、材料になっている食材にどれだけの農薬や抗生物質が入っているか把握していないだろう。その上で分業化が進んでいるため、各過程でそれ以前にどのようなものが混ざっているかを知る術がない・・・

  日本の消費者が潔癖症になりすぎていやしないか。ある程度の農薬や薬品を摂取することは避けられないし、人間の体は想像よりも強いということを忘れてはならない。農薬などが体内に入った場合、対外に排泄する機能も備わっている。しかし、それには限度があり、現在の食品流通構造によって予想以上の薬品などが体内に入ってくる危険性が高くなっているのも事実。従って、できるだけ加工度の低い食品を使って、自ら調理することでリスクは格段に下げられる、その工夫が必要。現在の日本は安全な食品をあるべき姿で食べる権利、「食権」を奪われている状態と思う。これを取り戻さねばならない・・・輸入食料品に頼りすぎる日本!・・・

  今日の誕生日の花は、チューべローズ。花言葉は、危険な快楽。 今日の一句は、「初秋や 海ま青田の 一みどり」松尾芭蕉。

« 「日中関係」変化への予感 | トップページ | 為替・株式先物市場に「莫大な資金」が! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「輸入食品に安全を期待するな!」:

« 「日中関係」変化への予感 | トップページ | 為替・株式先物市場に「莫大な資金」が! »