« 映画゛紙の月」を観る | トップページ | 日銀の「国債保有600兆円に」?! »

2014年12月17日 (水)

ロシア・デフォルト危機!

 資源エネルギー価格の大暴落で為替、株式、商品相場が世界的に大混乱に陥っている。特にロシアは通貨ルーブルが1年で半値以下になり、株も大暴落。政府が買い支えに入ったが効果なく、15日、ロシア政府は金利を突然10%台から17%引き上げて通貨防衛を図ったが空しい結果になっている。この金利の引き上げ幅は、98年のロシア危機以来最大のもので、ロシアに投資したり、取引している企業に緊張が走っている。98年にはロシアは国債を突然債務不履行にしてデフォルトを宣言、これが米国に波及、世界最大のヘッジファンド「LTCM」が破産、銀行にも飛び火した・・・

  12月12日、デンマークの投資銀行「サクソバンク」が、「2015年の大胆予測」を発表したが、その第一番目が「ロシアが再びデフォルトに」。曰く「ロシア経済にパーフェクトストームが吹き荒れ、ロシア経済が終焉すると共に、ロシア政府は、自主選択的にデフォルトに移行する。その要因は、原油価格の下落、ウクライナとの対立、ルーブルの低下、1340億㌦(約16兆円)の債務などなど・・・」。それにしても2015年を待たず、こんなに早く予測通りになるとは驚きだ。大胆予測の第三番目に入っている日本の「インフレ率が5%になる」が何とも気にかかる。黒田総裁は2%に上げることに必死というが、円安が暴走しないとも限らないだけに・・・10年前のトルコ旅行で体験した公衆トイレ使用料30万トルコリラを思い出す・・・

  今日の一句は、「葱切って 溌剌たる香 悪の中」加藤秋邨。

« 映画゛紙の月」を観る | トップページ | 日銀の「国債保有600兆円に」?! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシア・デフォルト危機!:

« 映画゛紙の月」を観る | トップページ | 日銀の「国債保有600兆円に」?! »