« { | トップページ | 21世紀センバツ枠の松山東高校と正岡子規。 »

2015年4月20日 (月)

官邸が大銀行に下した命令!

 今日発売の週刊現代5/2号のスクープ記事「安倍官邸 大銀行に『シャープを助けてやれ!』」に驚く。大企業の破綻情報は別に珍しいものではないが、「シャープはアベノミクスに逆行している。安倍政権を崩壊させる気か!?」と激怒した安倍首相は、最近官邸で口走ったというから穏やかではない。その真偽のほどは不明だが、シャープがもし破綻ともなれば大問題だろう。春闘では大手電機メーカーを中心に軒並み3000円のベースアップ。これによって株価も上がりアベノミクスの成功を謳歌する雰囲気にあっただけに、「シャープ一社のために水を差された」観のある安倍官邸としては切歯扼腕に違いない。「安倍政権下では山一證券や北海道拓殖銀行のような大型倒産は絶対出すな!」という上からの厳命で、経産官僚幹部たちは右往左往しているらしい・・・

 そこでクローズアップしてきたのが東京三菱UFJとみずほのメインバンクだ。いま、財務省、金融庁を中心にいろんな策を練っているらしいが、妙案が見つかるかどうか。安倍官邸の意を受けた経産省は、ありとあらゆる方策を駆使し「禁じ手」をも連発してシャープを救おうと躍起となっている。アベノミクス、安倍政権そのものの浮沈が、シャープの行く末にかかっているから蓋し当然だろう。しかし、「死に体」の企業を国策で無理やり生き永らえさせれば、それこそモラルハザードを生じかねない。ある三洋電機の元社員は言う「今のシャープはパナソニックに吸収される直前の三洋にそっくりだ」と。そのソフトラッディングはかなり難しく、タイムリミットが刻々と迫っていると「週刊現代」は報じている・・・そんなにヤバかったとは!?・・・

  今日の一句は、「水を出て 家鴨寄り添う 暮春かな」安住 敦。

 

« { | トップページ | 21世紀センバツ枠の松山東高校と正岡子規。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私も 藤原直哉さんが、NHKラジオの番組を3月で 辞めたのを知り、残念に思います。
911の自作自演説で、締めたのは 藤原さんらしいのでは!? 今後は、インターネットラジオで、聴くようにします。 失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 官邸が大銀行に下した命令!:

« { | トップページ | 21世紀センバツ枠の松山東高校と正岡子規。 »